鉱山の歴史

History

幌別鉱山の歴史(概略)

明治6年
(1873)
アメリカ人ライマン氏が調査する。(営業するほど埋蔵量がないと判断)
明治25年
(1892)
シノマンベツ(本流の上流)と呼ばれていたが、業者が試掘を行って以降鉱山の名が付いたらしい。
明治39年
(1906)
本格的な開発が始まる。
明治40年
(1907)
・幌別鉱山から幌別停車場まで鉱石運搬用馬車鉄道(9.6㎞)完成。
・幌別小学校付属鉱山教授所が開設(児童数30人)
明治41年
(1908)
精錬所(溶鉱炉1m・高さ5.5mが3基)建設。
明治42年
(1909)
・幌別鉱山から旭鉱まで軌道開通(4.6㎞)
・幌別小学校旭特別教授場が開校。
明治44年
(1911)
壮瞥硫黄山から硫黄鉱索道で幌別鉱山まで運ぶ。(8㎞) このころから幌別鉱山と呼ぶ
大正5年
(1916)
幌別鉱山郵便局が開局
大正9年
(1920)
最盛期を迎える。硫黄は出産量で日本一
昭和2年
(1927)
馬車鉄道から蒸気機関車・ガソリン機関車に切り替える
昭和28年
(1953)
幌別鉱山中学校が小学校に併置される
昭和29年
(1954)
鉱山軌道撤去
昭和46年
(1971)
硫黄の精錬を中止
昭和48年
(1973)
北海道硫黄株式会社閉鉱
昭和49年
(1974)
鉱山小中学校閉校

 あらまし

明治39年(1906年)に鉱山として開かれ、昭和48年に閉山しました。この間、戦争を挟みいろいろな出来事がありました。硫黄採取が大正の末期に始まり、金、銀、銅、硫黄の採掘で当時の人口は幌別村の約20パーセントを占めていたそうです。戦後、硫黄の需要が増大し、昭和29年頃は幌別鉱山は大盛況だったそうです。しかし、昭和40年ころからは鉄の鉱脈に翳りが出て、さらに硫黄の需要が下がり始めると、衰退の一途をたどり、とうとう昭和48年閉鉱となりました。それに伴って人口の流出はとどまることを知らず、鉱山小中学校は廃校となりました。68年の歴史に幕を下ろしました。この学校跡が「ふぉれすと鉱山」として建設され、新たな歴史の発祥の地としてまた蘇りました。ふぉれすと鉱山の建物の一部は当時の校舎を使っています。未だに当時の名残も見られます。

明治39年(1906年)に鉱山として開かれ、昭和48年に閉山しました。この間、戦争を挟みいろいろな出来事がありました。硫黄採取が大正の末期に始まり、金、銀、銅、硫黄の採掘で当時の人口は幌別村の約20パーセントを占めていたそうです。戦後、硫黄の需要が増大し、昭和29年頃は幌別鉱山は大盛況だったそうです。しかし、昭和40年ころからは鉄の鉱脈に翳りが出て、さらに硫黄の需要が下がり始めると、衰退の一途をたどり、とうとう昭和48年閉鉱となりました。それに伴って人口の流出はとどまることを知らず、鉱山小中学校は廃校となりました。68年の歴史に幕を下ろしました。この学校跡が「ふぉれすと鉱山」として建設され、新たな歴史の発祥の地としてまた蘇りました。ふぉれすと鉱山の建物の一部は当時の校舎を使っています。未だに当時の名残も見られます。

 1,202 total views,  5 views today